エピデミック・パンデミックと株価

2016年05月27日

2003年のSARS、2009年の新型インフルエンザ、2014年のエボラ流行時の株価の動きを調べてみました。


○ SARSとアメリカ・香港の株価

SARSは2003年に主に中国・香港で流行した感染症です。
WHOによると2003年7月に制圧宣言が出されるまでの感染者は8096名・死者は774名とのことです。アメリカでの感染者は27名・死者0名。日本での感染者は0名となっています。

致死率は感染者数と死者から単純に計算すると9.6%ですが、数字は国や年齢によって大きな差があるそうです。また、SARSの発症率が不明なことから正確な致死率を計算するのは難しいとのことです。

wikipediaによると、SARS流行の経緯は以下の感じです。

・2002年11月(広州市呼吸病研究所は7月と発表)に中華人民共和国広東省で発生。

・2003年2月にアメリカのビジネスマンが中国からシンガポールへ向かう飛行機の中で発症。着陸したハノイの病院で死亡。さらに治療にあたった医師や看護師にも感染。世界に大きく報道される。

・3月12日、WHOが世界規模の警報を出す。

・7月5日、WHOがすべての感染地域指定を解除する。

SARSの感染者数(数字はJOMF)と香港ハンセン指数・アメリカS&P500の推移が以下のグラフです。グレーのシャドーは、WHOがアラートを出してからすべての感染地域指定が解除されるまでの期間です。



2003年はITバブル崩壊の下落相場が終了した年でした。3月に底打ちしたアメリカS&P500はSARSの感染者数に関係なくほぼ一直線に上げています。
一方でハンセン指数の下落は5月まで続き、アメリカの株に後れを取っています。SARSの流行とつなげたくなりますが、実際のところどれくらい影響があったのかは不明です。

[エピデミック・パンデミックと株価]の続きを読む

テロと株価

2016年05月11日

大きなテロの後に株価がどう反応したのかを調べてみました。

○ 海外(2000年以降)

事件、死者、負傷者数はwikipediaを参照しました。負傷者数は確定数字ではなく表の数以上という表現が多いです。株価はその国の株価指数を使用しています(S&P500、IBEX35、FTSE100、OSEAX、CAC40、BEL20)。

アメリカ同時多発テロの時はさすがに大きく下げています。しかし、それを除くとマドリード列車爆破テロ事件の-2.2%が最大で、その他は小幅な値動きです。ロンドン同時爆破事件やパリ同時多発テロ事件といった大事件にも株価はあまり反応していません(ただし、ロンドンは前日終値から当日安値まで4%下げているのでインパクトがないわけではありません)。

日付事件死者数負傷者 1日 5日間10日間
2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件27496291-4.9%-11.6%-4.7%
2004年3月11日マドリード列車爆破テロ事件1912050-2.2%-4.2%-6.5%
2005年7月7日ロンドン同時爆破事件56700-1.4%0.3%-0.3%
2011年7月22日ノルウェー連続テロ事件771000.0%-1.9%-13.3%
2015年1月7日シャルリー・エブド襲撃事件12110.7%5.1%8.9%
2015年11月13日パリ同時多発テロ事件130300-0.1%2.1%2.5%
2016年3月22日ブリュッセル連続テロ事件341980.2%0.0%-2.2%




[テロと株価]の続きを読む


最近の記事