国際収支についてのメモ

2010年08月18日

■ 国際収支

経常収支、資本収支、外貨準備の増減、から構成される。


○ 経常収支

貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支、から構成される。

・貿易収支・・・自動車などの財貨の取引

・サービス収支・・・旅行・輸送などのサービス取引

・所得収支・・・対外金融債権・債務の利子・配当金

・経常移転収支・・・国際機関への分担金や贈与・寄付等



○ 資本収支

資本収支は、居住者にとって資産となる取引を計上する「資産」と居住者にとって負債となる取引を計上する「負債」に分けて発表されている。
例えば、資産サイドの直接投資-26052は、海外子会社の設立や増資等居住者による対外直接投資が26052億円行われたことを示す。負債サイドの直接投資14002は、海外投資家から日本に14002億円の直接投資が行われたことを示す。

資本収支は、投資収支とその他資本収支にわけられる。

・投資収支・・・居住者と非居住者の間の金融債権・債務の移動に関する取引。「直接投資」「証券投資」「その他投資」の3項目ある。



○ 外貨準備増減

通常は介入がなければ大きく動かない。



○ 経常収支と資本収支の関係

経常収支+資本収支+外貨準備増減+誤差脱漏=0

経常収支=資本収支+外貨準備増減 (誤差脱漏を除く)

経常収支と資本収支は表裏の関係にある。
経常収支が黒字であれば、それと同額の資本が海外に流出するか、外貨準備が増加する。



■ 国民経済計算との関係

① GDPの純輸出は、国際収支の貿易・サービス収支にあたる。

GDP=消費+投資+政府支出+純輸出

GDP=内需(消費+投資+政府支出)+外需 (純輸出)

GDP=内需+「貿易・サービス収支」


② GNPはGDPに所得収支を加えた数字。

GNP=GDP+「所得収支」

GNP=内需+「貿易・サービス収支」+「所得収支」


③ GNPに経常移転収支を加えると総国民可処分所得となる。

総国民化処分所得=GNP+「経常移転収支」

総国民化処分所得=内需+「貿易・サービス収支」+「所得収支」+「経常移転収支」

総国民化処分所得=内需+「経常収支」



最近の記事