The next economic disaster

2015年04月17日


The Next Economic Disaster: Why It's Coming and How to Avoid ItThe Next Economic Disaster: Why It's Coming and How to Avoid It
(2014/07/09)
Richard Vague

商品詳細を見る


民間債務の重要性について書かれた The next economic disaster を読みました。

この本によると金融危機の原因は民間債務の急激な増加と持続不能な水準であり、政府債務残高、経常赤字、財政赤字、低金利や金利の下落、為替レート、などの指標は危機を予測するのに役に立たないとのことです。
この証拠として、2008年と1929年のアメリカの金融危機、1991年の日本のバブル崩壊の他、世界各国の危機における民間債務の動きをデータとして提示しています。
金融危機が起きてから現在まで政府債務の話(緊縮か拡張かなど)が議論の中心になっていますが、危機の原因が民間債務であることから、民間債務の研究・監視をもっとしっかりしなければならないというのが著者の主張です。

債務の増加が危機を引き起こすというのは他の人も指摘している話ですが、他書と違うのは危機を予測する数字的な条件を設定しているところです(と本人も書いています)。
主要国においては、①民間債務/GDP比が5年で18%以上の上昇、②民間債務/GDP比の水準が150%以上、の2つの条件を満たしたときに金融危機が起きる可能性が極めて高いとのことです。

2章では金融危機に対処する政策について書かれていますが、こちらはデータに基づいたものではないです。

民間債務が危機の原因というのはシンプルでわかりやすい話ですし、データも提示されていて面白かったです。数値が明確なのも実用性がありそうで良いと思いました。
しかし、アマゾンのレビュー数は29個と多くなく、評価もそこまで高くない感じです。著者が学者ではないことや、「国家は破綻する」のようにデータの使い方に厳密な定義がされていないことが問題なのかなという気がしました。


以下はもう少し詳しいメモです。
[The next economic disaster]の続きを読む

株価とインフレ

2015年04月03日

株価とインフレの関係についていくつかレポートを読みました。


■インフレと株価

まずはアメリカの実質株価とインフレ率の長期推移を見てみます。Global Investment Returns Yearbook 2012 にチャートが掲載されていました。



これを見ると、株価とインフレはかなり連動しているように感じます。
二度の世界大戦前後と70年代~80年代にかけての高インフレの期間と、大恐慌によるデフレの期間に株価は低迷している一方で、50年~60年代や90年代の低インフレの期間に株価は好調です。

[株価とインフレ]の続きを読む


最近の記事