電気自動車(EV)関連銘柄

2016年05月28日

個人的に電気自動車(EV)にかなり期待しているので関連銘柄を調べてみました。


○ 完成車メーカー

大手自動車メーカーのEVへの取り組みは、EVsmartブログの電気自動車のメーカー別一覧に詳しくまとめられています。
現在、日産、テスラ、BYDといった会社がEVを生産販売していますが、いずれも航続距離が短いか航続距離は長いけど値段が高いというタイプです。
しかし、今後は航続距離が長く価格の安いEVが発売されるため普及が期待できます。2016年末にGMがシボレーボルト(3万8千ドル、航続距離320km)を、2017年中にテスラがモデル3(3万5千ドル、航続距離350km)を発売する予定です。

投資対象としてはEV専業のテスラか、比較的EVの比率が高いBYDが候補になると思います。ただ、テスラ3.7兆円、BYD2.1兆円とすでにかなり大きな時価総額で評価されています(日産の時価総額が4.8兆円ほど)。EVに期待といっても気軽に手を出しにくい水準です。


・テスラモーター (TSLA)

イーロン・マスクによって設立されたシリコンバレー発の電気自動車会社です。
2015年の販売台数は5万台で40億ドルの売上があります。新型車のモデル3を2017年に発売する予定で、既に予約が37万台に達したそうです。1台3万5千ドルからなので、これだけで最低でも130億ドルの売上になる計算です。

他社との違いとして、テスラは顧客が無料で使える自前の急速充電スタンドを多数設置しています(モデル3が無料対象なのかはまだわかりません)。モデルSやモデルX向けの「スーパーチャージャー」の最大出力は120kWと他の充電器に比べて高く、大型バッテリーを短時間で充電することが可能になっています。

業績は以下のとおり赤字が続いています。時価総額は333億ドル(約3.7兆円)でPSRは8.3倍です。

(10億ドル)2013年2014年2015年16年1Q
売上高2,0143,1984,0461,147
営業利益-61-187-717-248
純利益-74-294-889-282


[電気自動車(EV)関連銘柄]の続きを読む

エピデミック・パンデミックと株価

2016年05月27日

2003年のSARS、2009年の新型インフルエンザ、2014年のエボラ流行時の株価の動きを調べてみました。


○ SARSとアメリカ・香港の株価

SARSは2003年に主に中国・香港で流行した感染症です。
WHOによると2003年7月に制圧宣言が出されるまでの感染者は8096名・死者は774名とのことです。アメリカでの感染者は27名・死者0名。日本での感染者は0名となっています。

致死率は感染者数と死者から単純に計算すると9.6%ですが、数字は国や年齢によって大きな差があるそうです。また、SARSの発症率が不明なことから正確な致死率を計算するのは難しいとのことです。

wikipediaによると、SARS流行の経緯は以下の感じです。

・2002年11月(広州市呼吸病研究所は7月と発表)に中華人民共和国広東省で発生。

・2003年2月にアメリカのビジネスマンが中国からシンガポールへ向かう飛行機の中で発症。着陸したハノイの病院で死亡。さらに治療にあたった医師や看護師にも感染。世界に大きく報道される。

・3月12日、WHOが世界規模の警報を出す。

・7月5日、WHOがすべての感染地域指定を解除する。

SARSの感染者数(数字はJOMF)と香港ハンセン指数・アメリカS&P500の推移が以下のグラフです。グレーのシャドーは、WHOがアラートを出してからすべての感染地域指定が解除されるまでの期間です。



2003年はITバブル崩壊の下落相場が終了した年でした。3月に底打ちしたアメリカS&P500はSARSの感染者数に関係なくほぼ一直線に上げています。
一方でハンセン指数の下落は5月まで続き、アメリカの株に後れを取っています。SARSの流行とつなげたくなりますが、実際のところどれくらい影響があったのかは不明です。

[エピデミック・パンデミックと株価]の続きを読む

割安株のスクリーニング 続き

2016年05月25日

四季報CDでの割安株スクリーニングの続きです。今回は建築業・不動産業の会社について軽く見ていきます。

スクリーニングは今期予想PERが6倍以下の銘柄という条件で行っており、PERの計算には週足時価総額/(今期予想の経常利益×0.7)を使っています。抽出された銘柄のうち、少数株主損益が大きくて純益PERが6倍を超えてしまう銘柄を除きます。以下の表がPERが低い順の42銘柄です。





※今期売上・経常、前期売上・経常は前年比の成長率。
※EV/EBITは、(時価総額+有利子負債-現金同等物)/今期経常利益で計算しています。
※RODは、(有利子負債-現金同等物)/(今期経常利益×0.7)。ネットの有利子負債が利益の何年分あるかという数字です。

[割安株のスクリーニング 続き]の続きを読む

割安株のスクリーニング

2016年05月24日

四季報CDで割安株をスクリーニングしました。

今期予想PERが6倍以下の銘柄という条件で、PERの計算には週足時価総額/(今期予想の経常利益×0.7)を使いました。抽出された銘柄のうち、少数株主損益が大きくて純益PERが6倍を超えてしまう銘柄を除いています。
以下がPERが低い順の42銘柄です。





※今期売上・経常、前期売上・経常は前年比の成長率。
※EV/EBITは、(時価総額+有利子負債-現金同等物)/今期経常利益で計算しています。
※RODは、(有利子負債-現金同等物)/(今期経常利益×0.7)。ネットの有利子負債が利益の何年分あるかという数字です。

全体的には、自動車部品、建築、不動産系の銘柄が多いです。銘柄数が多いので、今回は建築と不動産以外の会社について軽くコメントしてみます。なお、会社の説明はYahooファイナンスの企業情報です。

[割安株のスクリーニング]の続きを読む

テロと株価

2016年05月11日

大きなテロの後に株価がどう反応したのかを調べてみました。

○ 海外(2000年以降)

事件、死者、負傷者数はwikipediaを参照しました。負傷者数は確定数字ではなく表の数以上という表現が多いです。株価はその国の株価指数を使用しています(S&P500、IBEX35、FTSE100、OSEAX、CAC40、BEL20)。

アメリカ同時多発テロの時はさすがに大きく下げています。しかし、それを除くとマドリード列車爆破テロ事件の-2.2%が最大で、その他は小幅な値動きです。ロンドン同時爆破事件やパリ同時多発テロ事件といった大事件にも株価はあまり反応していません(ただし、ロンドンは前日終値から当日安値まで4%下げているのでインパクトがないわけではありません)。

日付事件死者数負傷者 1日 5日間10日間
2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件27496291-4.9%-11.6%-4.7%
2004年3月11日マドリード列車爆破テロ事件1912050-2.2%-4.2%-6.5%
2005年7月7日ロンドン同時爆破事件56700-1.4%0.3%-0.3%
2011年7月22日ノルウェー連続テロ事件771000.0%-1.9%-13.3%
2015年1月7日シャルリー・エブド襲撃事件12110.7%5.1%8.9%
2015年11月13日パリ同時多発テロ事件130300-0.1%2.1%2.5%
2016年3月22日ブリュッセル連続テロ事件341980.2%0.0%-2.2%




[テロと株価]の続きを読む

金利と為替レート

2016年05月04日

今回は為替と金利についての話です。


○ 金利平価説

為替は金利差を打ち消す方向に動くという説です(高金利通貨→通貨安、低金利通貨→通貨高)。マーケットが効率的であればフリーランチはないので、高金利通貨の金利収益は通貨安によって相殺されてしまいます。
金利平価説にはカバー付きとカバー無しがあります。

カバー付きとは、現時点の先物価格が金利差と一致しているかどうかです。例えばA国の金利が2%、B国の金利が0%だとすると、1年先の先物価格はA国が2%低くなります。でなければ裁定取引で利益を出すことができます。
カバー無しは実際の為替レートの動きが金利差と一致したかという話です。

実証的な研究では、カバー付きは成り立つもののカバー無しは成り立っておらず(高金利通貨に有利)、この現象はフォワード・ディスカウント・バイアスなどと呼ばれる有名なパズルになっているとのことです。このパズルを説明する統一的な見解はまだないそうです。

ちなみに先物市場の価格付けと現実の為替レートの動きが一致する必要はないので、先物市場は金利差で決まるが将来の為替レートがどう動くかはまったく別の問題であるという見解も成り立つようです。投資家にとってはこの意見が単純で分かりやすいかなと思います。

[金利と為替レート]の続きを読む

各国株価指数のトレンドとバリュエーションのチェック 4月末

2016年05月01日

4月末の先進国・新興国の株価指数のトレンドとバリュエーションのチェックです。

・株価データはMSCI、CAPEやPERはStarCapital、為替はIMFみずほ銀行より取得しています。
・株価チャートは2007年末を100として作成。月足・配当抜き・現地通貨ベースです。
・取得したCAPE・PER・配当利回りは3月末の数字なので、MSCIの3-4月の騰落率で調整しています。

※株価データは4月29日までですが、為替データは4月28日までです。よって急激な円高は反映していません。


○ 先進国と新興国

今月も先進国・新興国ともに引き続いてプラスでした。年初来では両指数ともにプラス圏にまで回復していますが、年間ベースではいまだに損失が大きいです。
バリュエーションは先進国20倍前後、新興国15倍前後といった感じです。



CAPEPER配当前月比円ベース1年損益円ベース
全世界 19.3 18.9 2.7%1.3%0.5%-7.6%-12.8%
先進国20.319.62.7%1.4%0.6%-6.1%-11.4%
新興国13.815.33.2%0.4%-0.4%-19.8%-24.4%


[各国株価指数のトレンドとバリュエーションのチェック 4月末]の続きを読む


最近の記事