日本株のサイズ・バリュー・モメンタム効果

2016年06月13日

ケネス・フレンチ教授のデータベースにある日本株のサイズ・バリュー・モメンタムのリターンをグラフにしてみます。
サイズとバリューのリターンは1990年7月から、モメンタムは11月からです。



・Mkt-RF・・・マーケットのリターン-リスクフリーレート

・SMB・・・スモール・マイナス・ビッグ。時価総額の上位90%と下位10%のロングショート。小型株効果です。

・HML・・・ハイ・マイナス・ロー。PBRの上位30%と下位30%のロングショート。バリュー効果。

・WML・・・ウィナー・マイナス・ルーザー。直近1か月を除く過去12か月のリターンの上位30%と下位30%のロングショート。モメンタム効果。

一目見てわかるようにバリュー効果が圧倒的です。モメンタムはほぼニュートラル。サイズはマイナスとなっています。
ただし、バリューはリーマンショックのころから横ばいで推移しています。そこで2009年(2008年12月を100とする)以後のリターンもグラフにしてみます。

[日本株のサイズ・バリュー・モメンタム効果]の続きを読む

バリューとモメンタムの統合

2016年06月02日

バリューとモメンタムの統合戦略について書かれた文章をいくつか読みました。

まずはなぜ日本市場でモメンタムが機能していないかを考察した Cliff Asness の Momentum in Japan: The Exception That Proves the Rule です。
この論文では、アメリカ、イギリス、ヨーロッパ、日本の4地域のバリューとモメンタムのロングショート戦略を検証しています。

条件は以下のとおりです。
期間 : 1981年7月~2010年12月
対象銘柄 : アメリカ、イギリス、ヨーロッパ、日本の4地域、時価総額の上位90%(2010年末のアメリカで707銘柄。大型株です)。
バリュー戦略 : PBR。3分位で上位と下位のロングショート。
モメンタム戦略 : 直近1か月を除く12か月リターン。3分位で上位と下位のロングショート。
リバランス : 月次。

バリューとモメンタムの結果は以下のとおりすべての地域でプラスのリターンとなっています。ただし、日本はバリューが圧倒的に強い一方でモメンタムのリターンはゼロすれすれでした。また、アメリカのバリューとモメンタムの成績もいまひとつ魅力に欠ける数字とのことです。




[バリューとモメンタムの統合]の続きを読む

各国株価のトレンドとバリュエーション 5月末

2016年06月01日

5月末の先進国・新興国の株価指数のトレンドとバリュエーションのチェックです。

・株価データはMSCI、CAPEやPERはStarCapital、為替はIMFみずほ銀行より取得しています。
・株価チャートは2007年末を100として作成。月足・配当抜き・現地通貨ベースです。
・取得したCAPE・PER・配当利回りは3月末の数字なので、MSCIの3-5月の騰落率で調整しています。


○ 先進国と新興国

5月は新興国指数が大きく下げています。ドルベースでは-4%、円ベースでは-6%という大幅下落です。先進国指数は横ばいですが、こちらも円ベースではマイナスでした。
バリュエーションは先進国20倍前後、新興国は15倍を割っています。



CAPE PER  配当 前月比円ベース1年損益円ベース
全世界 19.318.92.7%-0.2%-2.5%-7.4%-18.3%
先進国20.319.62.7%0.2%-2.1%-5.9%-17.0%
新興国13.214.73.3%-3.9%-6.1%-19.6%-29.1%


[各国株価のトレンドとバリュエーション 5月末]の続きを読む


最近の記事