決算発表前の逆張り戦略

2017年04月06日

Pre-earnings announcement strategies

決算発表後のドリフト(ポジティブサプライズの銘柄の株価はその後しばらく上がり続け、ネガティブサプライズの銘柄の株価は下がり続ける)についてはよく知られていますが、この記事では決算発表前に大きく上がった銘柄を売り、大きく下がった銘柄を買う戦略を調べています。

・ラッセル3000インデックスの銘柄が対象。

・決算発表の4日前~2日前までの市場超過リターンを調べ、決算発表の前日終値で超過リターン上位18銘柄を売り、下位18銘柄を買う。ネットのポジションはマーケットインデックスでヘッジする。

・決算発表の翌日の終値で手仕舞い。

2011年8月3日から2016年9月30日の期間でこの戦略によって年率9.1%のリターンが得られたとのことです。

ただ、累積の損益グラフを見ると有効な期間と有効でない期間がはっきり分かれている感じです。

アメリカ企業の収益力は向上した

2017年04月03日

This Time it Really is Different という記事に、アメリカ企業のキャッシュフローROIが1990年代後半から向上しているということが書かれています。



同時期にアメリカ株式市場の時価総額/GDP比率やPSRは上がりました。

著者は、収益性の向上が高バリュエーションにつながるかは知らないと言っています。が、収益性の低い企業が低バリュエーションとなるのは妥当だろうとも書いています。


個別の企業を見ると、収益性の高い会社は高PERとなることが多いように見えます。タイミングも同じですし、アメリカ企業の収益性が上がったことでシラーPERも一段高くなったという説明もそんなにおかしくないような気がしました。

ただし、著者はあらゆる伝統的な指標で見ていまの株式市場は割高だとも付け加えています。

各国株価のトレンドとバリュエーション 2017年3月末

2017年04月02日

3月末の先進国・新興国の株価指数のトレンドとバリュエーションのチェックです。

・株価データはMSCI、CAPEやPERはStarCapital、為替はIMFみずほ銀行より取得しています。
・株価チャートは2007年末を100として作成。月足・配当抜き・現地通貨ベースです。
・取得したCAPE・PER・配当利回りは12月末の数字なので、MSCIの12-3月の騰落率で調整しています。


○ 先進国と新興国

第一四半期の3か月間の値上がり率は、先進国5.9%に対して新興国11.1%でした。1年間で見ても先進国12.5%に対して新興国14.5%と新興国の方が上回っています。

バリュエーションは、先進国の22~23倍に対して新興国のCAPEレシオは15.6倍・PERは17.8倍と割安感があります。

新興国は長らく低迷していましたが久しぶりに調子を取り戻しています。



CAPE PER  配当 3か月損益円ベース1年損益円ベース
全世界 22.122.12.3%6.4%3.0%12.7%13.1%
先進国23.223.12.4%5.9%2.5%12.5%12.9%
新興国15.617.82.6%11.1%7.6%14.5%15.0%


[各国株価のトレンドとバリュエーション 2017年3月末]の続きを読む

確定拠出年金用インデックスファンド(SBI証券)のトレンド 3月末

2017年04月02日

確定拠出年金でトレンドフォローを行うために、各アセットクラスを対象としたSBIベネフィットシステムズで売買できるインデックスファンドの年間リターンを調べました。

上位を占めているのは株式で、新興国、国内株式、先進国ともに好調です。続いてコモディティ。リスク資産が好調となっています。

資産クラス過去1年投資信託
新興国株式17.7%SBI-EXE-i新興国株式ファンド
先進国株式(ヘッジ)16.1%日興・インデックスファンド海外株式ヘッジあり
日本株式14.4%三井住友・DC日本株式インデックスFS
先進国株式14.0%DCニッセイ外国株式インデックス
コモディティ9.2%ダイワ/RICIコモディティ・ファンド
海外リート1.3%SBI-EXE-iグローバルREITファンド
ゴールド-1.0%三菱UFJ純金ファンド
日本債券-1.2%三菱UFJDC国内債券インデックスファンド
海外債券(ヘッジ)-2.0%日興・インデックスファンド海外債券ヘッジあり
国内リート-3.5%DCニッセイJ-REITインデックスファンド
海外債券-5.0%三井住友・DC外国債券インデックスファンド

※各資産クラスを代表するインデックスファンドは手数料が安いものを優先していますが、価格データが1年以上あるファンドのみを対象にしています。
※分配金も含めたリターンです。
※SBI-EXE-iグローバルREITファンドはファンズオブファンズです。
※三菱UFJ純金ファンドは1540純金上場信託を主要投資対象としています。



最近の記事