確定拠出年金用インデックスファンド(SBI証券)のトレンド 9月末

2017年09月30日

確定拠出年金(SBI証券)でトレンドフォローを行うために調べた各種アセットクラスを対象としたインデックスファンドの年間リターンです。

過去1年は株式クラスの圧勝です。先進国>新興国>日本の順にリターンが良くなっていますが、過去6カ月では日本が、過去3カ月では新興国の成績が良いです。

全体で見るとリスク資産のリターンが良いのですが、国内リート債券だけが下回るマイナスリターンになっています。今日の日経新聞によると「毎月分配型などの投資信託の売りが続いている」そうです。

資産クラス投資信託過去1年
先進国株式DCニッセイ外国株式インデックス32.0%
新興国株式SBI-EXE-i新興国株式ファンド31.6%
日本株式三井住友・DC日本株式インデックスFS29.0%
先進国株式(ヘッジ)日興・インデックスファンド海外株式ヘッジあり16.0%
海外リートSBI-EXE-iグローバルREITファンド14.0%
コモディティダイワ/RICIコモディティ・ファンド11.4%
海外債券三井住友・DC外国債券インデックスファンド11.0%
ゴールド三菱UFJ純金ファンド6.7%
日本債券三菱UFJDC国内債券インデックスファンド-1.7%
海外債券(ヘッジ)日興・インデックスファンド海外債券ヘッジあり-4.0%
国内リートDCニッセイJ-REITインデックスファンド-6.4%

※各資産クラスを代表するインデックスファンドは手数料が安いものを優先していますが、価格データが1年以上あるファンドのみを対象にしています。
※分配金も含めたリターンです。
※SBI-EXE-iグローバルREITファンドはファンズオブファンズです。
※三菱UFJ純金ファンドは1540純金上場信託を主要投資対象としています。

個別株に投資するなら超小型株

2017年09月22日

Micro Caps, Factor Spreads, Structural Biases, and the Institutional Imperative

ファクター投資は大型株よりも小型株、小型株よりも超小型株(マイクロキャップ)で有効だという話です。

・1982年~2016年の期間では、超小型株のバリュー・モメンタムのロング・ショートプレミアムは大型株の2倍以上、クオリティ(Financial strength, Earnings quality, Earnings growth)のプレミアムは大型株の3~4倍になる。

・より現実的なロングオンリーポートフォリオでは、超小型株のリターンは大型株を下回るものの、クオリティを調整(クオリティスコアの下位10%を除く)すると大型株を上回る。さらにモメンタムやバリューを加えると大幅に成績が向上する。マイクロキャップ+クオリティ+バリューは大型株を8%上回る20.3%の年間リターン。

[個別株に投資するなら超小型株]の続きを読む

リチウムイオン電池株の電池比率

2017年09月15日

リチウムイオン電池の関連銘柄として名前が挙がっている会社の電池セグメントの比率を見てみました。
市場シェアなどの情報はこちらを参照にさせてもらいました。

電池材料を含むセグメントの全体への比率は下表です。数字は直近の通期決算のものです。電池材料単体のセグメントと思われる場合はセグメント名の前に〇をつけています。



[リチウムイオン電池株の電池比率]の続きを読む

Lithium X Energy(CVE:LIX)

2017年09月12日

カナダ上場のリチウムジュニアです。
アルゼンチンのサル・デ・ロサンゼルスを旗艦プロジェクトとして持ちます。


〇 Sal de Los Angeles プロジェクト

リチウムトライアングルに位置する湖です。

周辺には、アルバマーレとSQMのアタカマ、オロコブレのオラロス、リチウムアメリカのチャウチャリ-オラロス、ギャラクシーのサル・デ・ビダなどの湖が点在しています。



リチウムXの持ち分ですが、2017年6月にパートナーの50%を取得したことで現在は100%となっています。

資源量は予測資源量(Indicated&Inferred Resource)も含めて約2mtLCEです。これは周囲の湖に比べるとやや小規模です(たとえばギャラクシーのサル・デ・ビダは7.2mtLCE)。

現在は生産処理施設の建設中という段階です。

今後のスケジュールは、2017年下半期にPFS(予備的な実現可能性調査)、2018年にF/S(実現可能性調査)、2019年に生産開始(年間15ktLCE)という予定です。


〇 その他のプロジェクト

サル・デ・ロサンゼルス以外のプロジェクトは、クレイトン・バレーとアリサロ湖があります。

クレイトン・バレーはネバダ州のシルバーピーク(アルバマーレが生産中)周辺の土地で、予測資源量は816,000トンLCEとのことです。リチウムXが19.99%を保有するピュア・エナジー・ミネラルズが開発しているです。

アリサロ湖はリチウムトライアングルに位置する世界でも最も大きな塩湖のひとつとのことです。ただ、まだ初期段階でありHPにも簡単な説明しかありません。


〇 バランスシート

リチウムXのバランスシートは下表です。26百万カナダドルのキャッシュがあります。有利子負債はありません。




〇 バリュエーション

株価は2.13カナダドルで時価総額は181百万カナダドル(150百万USドル)と小型の会社です。

サル・デ・ロサンゼルスの持ち分が100%であるためフル生産が実現すればかなりの規模になりそうですが、実現可能性調査、資金調達、オフテイク契約といったハードルが控えているので時価総額は低いのでしょう。リスクの高い会社です。

Lithium America(TSE:LAC)

2017年09月12日

カナダ上場のリチウム開発会社です。アルゼンチンのリチウムトライアングルに位置するカウチャリ-オラロスを旗艦プロジェクトとして持ちます。
その他にはネバダプロジェクトもありますが、まだ初期段階でHPにも予想される資源量が書いてあるくらいです。

[Lithium America(TSE:LAC)]の続きを読む

Galaxy Resources(ASX:GXY)

2017年09月12日

オーストラリアのリチウム開発会社です。

マウント・キャトリン(オーストラリア、鉱石、生産中)、サル・デ・ビダ(アルゼンチン、塩湖)、ジェームス・ベイ(カナダ、鉱石)という3つのプロジェクトを持ちます。いずれも100%の権益です。


[Galaxy Resources(ASX:GXY)]の続きを読む

Orocobre(ASX:ORE)

2017年09月07日

アルゼンチンのオラロス湖でリチウムを生産している会社です。

リチウム銘柄としてはアルベマーレやSQMが有名ですが、どちらも専業の会社ではありません。
また、リチウム専業の会社はオーストラリアやカナダの市場に多く上場していますが、そのほとんどは開発の初期段階で生産を開始していません。

オロコブレはリチウム専業かつ生産を開始している数少ない会社です。

[Orocobre(ASX:ORE)]の続きを読む

CAPEレシオが高い理由

2017年09月01日

CAPEレシオが割高に見える理由を説明している記事を2つ読みました。1つはマクロの経済環境からの説明、もうひとつは会計基準の変更などによる説明でどちらも説得力があるように思えました。たぶんこれらの要因が組み合わさった結果として現在のCAPEの数字になっているのかなと思います。


〇 Why Are Stock Market Prices So High?

企業の利益率、インフレ率、GDP成長率のボラティリティ(成長率そのものではない)の3つの指標によってCAPEの数字をよく説明できる(相関係数0.81)そうです。
さらにリセッションのオンオフと10年国債金利を加えることでモデルとの相関が0.9にまで上がるとのことです。



著者によると企業の利益率とインフレ率が最も重要な要素になります。
利益率については平均回帰する性質があるにもかかわらず投資家は常に高い数値を好むとのこと(利益率が高いほどCAPEも高くなる)。
インフレは低すぎない限りは安定的で低い方が良いそうです。CAPEとインフレ率の関係については他の場所でも解説されているのをみます。

著者の結論は、マーケットの大きな下落には大幅な利益率の悪化かインフレ率の上昇、もしくはそれらのコンビネーションが必要になるだろうとものです。


〇 Swedroe: Wait & You’ll Likely Miss Out

会計基準の変更などの点を調整するとCAPEは異常に高いというわけではないという話です。

・昔に比べるとFEDによる経済ボラティリティは低下しているし、SECによる投資家保護もある。

・アメリカが豊かになり資本が乏しくなくなった。他の条件が同じであれば豊富な資本は割安な価格と高バリュエーションをもたらす。

・2001年の会計変更によってのれんや無形資産の償却が必要なくなった。これはCAPEレシオを4ポイント押し下げる。

・配当性向の低下。内部留保が大きくなれば理論的には成長率が高まる。

・流動性の向上やETFの普及などによるコストの低下。

・CAPE10には08~09年の金融危機の数字が含まれている。CAPE10は30倍という数字だがCAPE8で計算すると27倍になる。


確定拠出年金用インデックスファンド(SBI証券)のトレンド 8月末

2017年09月01日

確定拠出年金(SBI証券)でトレンドフォローを行うために調べた各種アセットクラスを対象としたインデックスファンドの年間リターンです。

過去1年は株式クラスの圧勝となっています。新興国>日本株>先進国株の順にリターンが良いです。過去6カ月でも3カ月でもこの傾向は同じです。
また、過去1年で見ると円安のためヘッジ付き商品のリターンは落ちます。

資産クラス投資信託過去1年
新興国株式SBI-EXE-i新興国株式ファンド28.7%
日本株式三井住友・DC日本株式インデックスFS24.0%
先進国株式DCニッセイ外国株式インデックス23.1%
先進国株式(ヘッジ)日興・インデックスファンド海外株式ヘッジあり12.6%
海外リートSBI-EXE-iグローバルREITファンド7.8%
海外債券三井住友・DC外国債券インデックスファンド7.7%
コモディティダイワ/RICIコモディティ・ファンド5.3%
ゴールド三菱UFJ純金ファンド4.4%
日本債券三菱UFJDC国内債券インデックスファンド-1.3%
海外債券(ヘッジ)日興・インデックスファンド海外債券ヘッジあり-3.4%
国内リートDCニッセイJ-REITインデックスファンド-4.6%


※各資産クラスを代表するインデックスファンドは手数料が安いものを優先していますが、価格データが1年以上あるファンドのみを対象にしています。
※分配金も含めたリターンです。
※SBI-EXE-iグローバルREITファンドはファンズオブファンズです。
※三菱UFJ純金ファンドは1540純金上場信託を主要投資対象としています。


最近の記事