日本株のサイズ・バリュー・モメンタム効果

2016年06月13日

ケネス・フレンチ教授のデータベースにある日本株のサイズ・バリュー・モメンタムのリターンをグラフにしてみます。
サイズとバリューのリターンは1990年7月から、モメンタムは11月からです。



・Mkt-RF・・・マーケットのリターン-リスクフリーレート

・SMB・・・スモール・マイナス・ビッグ。時価総額の上位90%と下位10%のロングショート。小型株効果です。

・HML・・・ハイ・マイナス・ロー。PBRの上位30%と下位30%のロングショート。バリュー効果。

・WML・・・ウィナー・マイナス・ルーザー。直近1か月を除く過去12か月のリターンの上位30%と下位30%のロングショート。モメンタム効果。

一目見てわかるようにバリュー効果が圧倒的です。モメンタムはほぼニュートラル。サイズはマイナスとなっています。
ただし、バリューはリーマンショックのころから横ばいで推移しています。そこで2009年(2008年12月を100とする)以後のリターンもグラフにしてみます。



バリューは基本的に横ばいですが、何度か下押しされている時期があります。2016年もそのひとつでマイナスのリターンになっています。近年はあまり機能していません。

モメンタムは2009年に大きなマイナスを出した後はゆるやかに回復してきています。2009年の成績が悪いのは、暴落後の回復局面では大きく売り込まれた銘柄ほど大きく反発する傾向があるためです。

サイズはこの期間を通してそこそこのプラスで推移しています。


次に規模別のバリュー効果を見てみます。
まずは2×3ポートフォリオ(大型株と小型株に分けた後にそれぞれをPBRで3分する)です。



リターンは大型・低PBRグループが最も高く、続いて小型・低PBRグループとなっています。やや離れて大型と小型の中PBRグループ、最もリターンが悪いのが大型と小型の高PBRグループです。
低PBRほど成績の良いというバリュー効果がきれいに出ています。

一方でそれぞれのバリューグループ(低PBR群、中PBR群、高PBR群)では大型株の方が小型株よりも成績が良く、他国で見られる小型バリュー効果がありません。

ただし、2009年以降は小型バリューの成績が最も良いです。
2008年末~2015年末のリターンは、小型低PBR105%、小型中PBR98%、小型高PBR96%、大型低PBR60%、大型中PBR49%、大型高PBR69%となっています(中型は略)。


次に5×5ポートフォリオ(サイズで5分した後にそれぞれのグループをPBRで5分する)の中からサイズ別の最低PBRグループを取り出したグラフです。



通期で見ると、最低PBRグループの中で最も成績が良いのは一番大きなサイズのグループ、続いて一番小さなサイズのグループとなっています。
一方でリーマンショック後に限ると最小サイズグループの成績が最も良くなっています。ただし、最小サイズの中ではPBRによるバリュー効果は見られません(最大PBRと最小PBRの成績は同じくらいです)。

というわけで、バリュー効果は通期で見ると有効ですが、リーマンショック後は大型株で失われており、小型株では多少残っているもののそれほど明確でないという感じです。小型バリューの成績が良いのは主に小型株効果になります。


最後にモメンタムの2×3のポートフォリオです。



こちらはITバブルのときに大型株でモメンタムが有効だったのが目を引きます。
それ以外では近年モメンタムがそこそこ機能しているというぐらいでしょうか。ただ、通期で見るとそれほど一貫した結果にはなっていないので、この傾向が将来も続くのかよくわかりません。




最近の記事