為替レートの購買力平価からのかい離率

2017年01月10日

主要国の為替レートが購買力平価からどれくらいかい離しているかを見てみました。

データは、購買力平価(2015年)はOECD、為替レート(2016年12月末)はIMFから取得してます。12月のデータがない国はYahooファイナンスで数字を拾いました。



最近のドル高を反映して、対ドルで高いのは、スイス、デンマーク、ノルウェイ、オーストラリアの4か国だけになっています。
日本は-9.2%の円安。先進国では、イギリス(-13.5%)、ユーロ圏(-19.9%)、韓国(-26.2%)のマイナスかい離が大きいです。

一方で新興国の通貨は総じて高いマイナスかい離です。
これはバラッサ・サミュエルソン効果と思われ、1人あたりのGDPと購買力平価からのかい離率をグラフにすると先進国と新興国のグループにはっきり分かれます。



全体として見ると、先進国ではユーロ圏と韓国が、新興国ではトルコとロシアのかい離が大きい感じです。特にトルコリラは昨年からかなり暴落しており、1人あたりGDP(2万ドル)に比べてかい離率が高くなっています。




最近の記事