クオリティファクターの定義

2017年02月05日

クオリティファクターがどんな定義で使われているのか見てみました。


〇 クオリティ・マイナス・ジャンクのリターンを公開しているAQRの定義

収益性(profitability)、成長性(growth)、安全性(safety)、利回り(payout)の4つの面から構成とのこと。複雑です。

・収益性
総利益/総資産(gross profits over assets)、ROE、ROA、キャッシュフロー/総資産、売上高総利益率、利益の中のキャッシュの比率?(the fraction of earnings composed of cash)

・成長性
収益性の5年成長率

・安全性
低ベータ、低固有ボラティリティ(low idiosyncratic volatility)、低レバレッジ、低い破産確率、低いROE変動率

・利回り
株式数と負債のネットの変化(Equity and debt net issuance)、トータル・ネットの株主への利益還元率(total net payout over profits)




〇 S&P 500® QUALITY INDEX

ROE、アクルーアル、財務レバレッジ(負債/株主資本)の3つのファンダメンタル指標。

・アクルーアルレシオ
ネットの営業資産の変化率を過去2年の平均で割る?
This is computed using the change of a company’s net operating assets over the last year divided by its average net operating assets over the last two years


〇 iShares Edge MSCI USA Quality Factor ETF

ROE、利益の安定性(earnings variability)、負債比率(debt to equity)の3つの指標。


〇 iSTOXX MUTB JAPAN クオリティ 150インデックス

高ROEかつ、①財務健全性(有利子負債÷総資本)、②キャッシュフロー収益性(営業キャッシュフロー÷事業用資産)、③利益安定性(当期利益過去5年標準偏差÷自己資本)に着目。


基本的にROE系の収益性指標と、負債比率のような財務健全性指標は入っているようです。あとは、利益の安定性、キャッシュフローやアクルーアルなどの利益の質といった項目も多いみたいです。
株主への利益還元率(配当&自社株買い&負債の変化)などはバリューファクターと被ってくる気がしますね。




最近の記事