ギャラクシーリソースズ(ASX:GXY)

2017年09月12日

Mt Cattlin(オーストラリア、鉱石、生産中)、Sal de Vida(アルゼンチン、塩湖)、James bay(カナダ、鉱石)という3つのプロジェクトを持つ会社です。いずれも権益は100%です。

・Mt Cattlin

2016年に生産開始。2017年上半期の生産量は56,465トン(6月単月は年率換算で170,000トン)、鉱石グレード5.6%、リカバリーレート61%、平均販売価格645USドル(今後は2017年契約の830~905USドル/トンになる)、生産コストは391ドル(6月単月は334ドル)でした。2017年のガイダンスは生産量120,000トンです。

販売価格850ドル、生産コスト350ドル、販売量160,000トン(プラントのキャパシティ)で単純計算すると80百万ドルのEBITDAとなります。

鉱石(スポンジュメン)の販売量をLCEにしてみると、160,000トン×グレード5.6%×リカバリーレート61%×2.47(ここによるLi2O→Li2CO3換算値)で13,500トンになります(計算が合っているかはわかりませんがここを参照)。

EBITDAや販売量はオロコブレの Olaroz (フェーズ1)に近いです。ただ、鉱山寿命は18年程度と短いです。

・Sal de Vida

ギャラクシーの旗艦プロジェクトでリチウムトライアングルに位置する塩湖です。
2019年に生産開始、2020年に年間25ktLCEの生産目標です。埋蔵量は1.1mtLCE、資源量は7.2mtLCE、寿命は40年以上とのことです。資源量はオロコブレの Olaroz と似たレベルです。
すでにフィージビリティ・スタディは出ており、パートナーやオフテイク契約は交渉中とのことです。


・James bay

証券会社のレポートを見る限り現時点の重要性は低いです。このレポートのサムオブパーツでは、Mt Cattlin 462百万USドル、Sal de Vida 737百万USドルに対して James bay は112百万USドルの価値となっています。


ギャラクシーのバランスシートは強く、キャッシュ40百万オーストラリアドルに対して借入は12百万オーストラリアドルです。Mt Cattlin のキャッシュフローもあるため、今後の開発費用は借入で対処可能とレポートには書いてありました。

現在の株価は2.37オーストラリアドル、株式数395百万で時価総額936百万オーストラリアドル(749百万USドル)となります。
Mt Cattlin と Sal de Vida を合わせると生産量はオロコブレ(35ktLCEの66.5%)を大きく上回るはずですが時価総額がそれほど変わらないのは、Mt Cattlin の鉱山寿命が短いのと Sal de Vida の生産開始が2019年になるためかなと思います。




最近の記事