ヨーロピアンメタルズ(ASX:EMH)

2017年09月16日

チェコとドイツの国境に位置する Cinovec プロジェクトを持つ会社です。Cinovec は世界最大級のスポジュメン(リチウムを含む鉱石)の資源量を誇り、ヨーロピアンメタルズはこのプロジェクトの100%の権益を持ちます。

HPに開示されている資源量はこちらです。7mtLCE(inferred含む)という資源量はヨーロッパで最大、塩湖以外では世界で4番目に大きいそうです。また、探索によりさらに3.4mt~5.3mtLCEのアップが見込めるとのことです。



他プロジェクト(塩水系以外)との資源量の比較はこちら。



現在の状況は Preliminary Feasibility Study が完了し、Definitive Feasibility Study の結果を2018年に待つ段階です。

PFSの結果はこちらです。



生産コストは3,483ドルと非常に低く、会社資料ではオロコブレの Olaroz よりも低い水準になっています。
Cinovec のスポジュメングレードは低いものの、錫などの副産物により低コストになるようです。



ちなみにこちらの記事によるとPFSのNPVは期待を下回る数字だったとのことですが、これはあくまでも概測資源量(Indicated resource)の9.9%に対してであるため今後の上方修正が期待できるとの話です。
なお、順調にいけば生産開始は2019年2Qの予想とも書かれています。

現在、株価は0.8オーストラリアドル、時価総額は62百万オーストラリアドル(約50百万USドル)です。
資源量に比べると極めて低い時価総額ですが、Definitive Feasibility Study の結果がまだで、資金調達やオフテイク契約もないため生産までのリスクが高いのが原因でしょう。




最近の記事