日米の株式バブル

2010年01月06日

アメリカと日本の株価とPERのチャートです。日本は1990年前後に、アメリカは2000年前後にバブルが起こり、PERが異常値まで上がっています。

日米ともにバブル後に株価は暴落しています。ただ、バブルの終わりを予測するのはなかなか難しいです。
90年代のアメリカではPERが20倍を超えた後に株価は3倍近くになっていますし、80年代の日本ではPERが20倍を超えた後に株価は9倍近くまで値上がりしています。早々に撤退してしまった投資家は、その後の大きなリターンを逃してしまったことになります。


・アメリカ 実質S&P500と景気循環調整PER(10年EPSを使用)




・日本 実質日経平均株価と東証PER



※東証のPERは、1998年までは財政金融統計月報(証券の部を参照)、1999年以降は東証のHPより。1年EPSで計算している (と思われる) ため、バブル以降の数字はほとんど機能していません。しかし60年代~90年までの数字はある程度参考になると思います。



最近の記事