株価の長期低迷期

2014年10月23日

株価が長期にわたり低迷した時期のチャートです。1989年からの日本株をアップデートし、1999年~2012年の米国株を加えました。
名目株価、実質株価、配当込み実質株価の3つをチャートにしています。


・S&P500 1929~1947年

1929年に株価が暴落した後、23年~36年にかけて戻しますが、37年から再び下落に転じ47年まで低迷が続きます。この時期はデフレ傾向だったので名目株価と実質株価は同じような値動きになってます。

配当込の株価は35年に元本を回復し、その後も多少の落ち込みはありますがリターンを伸ばしています。この期間は配当利回りが高いこともあり、配当再投資の効果が十分に発揮されています。





・S&P500 1966~1981年

インフレによる低迷期です。名目株価は横ばいで73~74年を除き余り下げていませんが、実質株価は16年で半分以下にまで落ち込んでいます。配当を含めても2割の下落です。インフレの厳しさが良くわかります。





・S&P500 2000年~2012年

2008年に底を打っていますが2012年(2013年の年初)までのチャートです。
2013年の年初の時点で名目株価はピークを抜けています。実質株価は25%ほど下ですが、配当込みの指数もピークをほぼ回復しています。

ITバブルの株価が比較対象とはいえ、21世紀のアメリカ株ですら12年も横ばいかマイナスが続くことがあるというのはなかなか厳しい現実です。

14110105 (1)



・TOPIX 1989~2008年

デフレ傾向が続いていたため名目株価と実質株価はほとんど変わりません。また日本株は配当利回りが低いため、配当込みで見てもほとんど救われていません。

バブル崩壊から24年経っていますが、名目・実質株価はピークの5割以下に低迷しています。配当込でも4割近い下落です。2011年末の時点が底で名目・実質株価はピークの1/4しかありませんでした。

ただし、バブル崩壊直後の90~92年を除けば、この20年間は横ばいだったともいえます。あまり救いになりませんが。



※配当利回りは、97年までは財政金融統計月報2000年3月金融・証券特集、98年からは東証HPよりデータを取得しています。





最近の記事