建築資材・建設業の注目銘柄

2014年12月03日

全体的に割安な銘柄の多いセクターです。
建築資材はPERは低いですが減益が多い印象、建設業は中間利益が予想を大幅に超えている銘柄がかなりあります。



※経常PERは経常利益×0.6で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※四半期前年比で水色の数字は、会社予想を達成するのに必要な増収・増益率。

・7879 ノダ
木質系住宅建材メーカー。繊維板にも強み。健康配慮内装材拡充。子会社で合板。全国に販売網
中間経常は2割ほど上振れ。3Q時点の経常進捗率は80%。今季2割減益予想だが4Q45%減益で達成。経常PER5倍。

・9906 藤井産業
北関東地盤の電設資材・電気機器商社。施工兼営。太陽光発電に注力。1883年鍛冶屋で創業
中間の経常は会社予想の6割上。通期3割上方修正。経常PER7倍。

・7619 田中商事
電気設備業者向け電設資材等の卸中堅。独立系。東海、東京以北が営業基盤だが九州等にも拠点
会社予想は15%増収・64%経常増益。中間経常は37%増益。進捗3割は例年並み。経常PER6.4倍。

・3157 ジューテックホールディングス
建材卸大手。M&Aで拡大。太陽光発電機器等の省エネ商材、環境認証木材増大。東日本で強い
中間は売上下回るが利益はほぼ予想どおり。経常PER6.6倍。

・9680 共成レンテム
建機をレンタル。北海道地盤で東北、北関東にも進出。同業アクティオと提携。農業関連事業も
中間経常は14%上振れ。経常PER7.3倍。

・7425 初穂商事
建築資材の専門商社。マンション向けなどの鋼製下地材・不燃材が主力商材。中京が最大地盤
3Q決算は13%増収・40%経常増益。4Q2割減益で予想達成。経常PER7.7倍。


・1771 日本乾溜工業
交通安全施設工事が主軸。福岡に重点。防災安全用品や竹繊維入り自然土固化舗装材にも注力
今季24%の経常減益予想。PERは4.8倍と低い。

・1782 常盤建設
常磐興産グループの総合建設。地元自治体とグループ依存から民間建築主力に。環境事業を育成
今季37%の経常減益予想だが、中間の経常利益は予想の4倍。通期据置。経常PER6倍。

・1930 北陸電気工事
北陸電力系列の電気工事会社。北陸電力向け売上高約4割。地盤の北陸3県から徐々に全国展開
中間決算は15%増収・25%経常増益。通期をわずかに上方修正。経常PER7倍。

・1892 徳倉建設
名古屋地盤の中堅ゼネコン。海洋土木から一般土木、建築に拡大。坂田建設子会社化で関東強化
中間の経常利益は会社予想の2倍以上。通期据置。経常PER7.4倍。

・1846 鈴縫工業
日立、水戸など茨城県下を主力地盤に、建築・土木工事施工の総合建設。子会社で居宅介護展開
中間経常9割上振れ。通期据置。経常PER7.5倍。

・1896 大林道路
大林組傘下の道路大手。舗装以外に土木工事も3割程度手がける。下水道の管渠更生工事に注力
中間経常37%上振れ。通期26%上方修正。経常PER9.3倍。



最近の記事