外食系の注目株

2015年02月20日

PER20倍前後の銘柄が多くなっており、10倍以下の銘柄はほとんど見かけないです。10%成長でPER20倍といった感じだとちょっと魅力に欠けます。



※経常PERは経常利益×0.6で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※四半期前年比で水色の数字は、会社予想を達成するのに必要な増収・増益率。


・3175 エーピーカンパニー
都内中心に居酒屋『塚田農場』等を展開。自社農場で地鶏を育成するなど生産・販売の直結が特徴
3Qまで25%増収・27%経常増益。中間の経常利益は会社予想の3割近く上だが、3Qは3%減益。4Q13%経常減益で会社予想を達成。今期PER18倍。
直近の月次売上高が20%を切っており、このままでは魅力に欠ける。


・3397 トリドール
焼き鳥店発祥。低価格のセルフ式うどん『丸亀製麺』にシフト。中国など海外でも積極展開
3Qまで12%増収・64%経常増益。4Q15%経常減益で会社予想を達成。今期PER33倍(経常PER16.8倍)。
直近の月次売上高は1ケタ台。


・3091 ブロンコビリー
名古屋地盤。炭焼きステーキ等を提供する郊外型高価格レストラン。関東出店を本格化。好財務
今期23%増収・26%経常増益予想。今期PER18.1倍。
店舗数がまだ少ないので拡大余地は十分にありそう。


・3053 ペッパーフードサービス
ステーキのファストフード店『ペッパーランチ』が主力。レストラン事業も。FC比率8割
今期予想は74%増収・30%増益。今期PER21.3倍(経常PER18.4倍)。
数字的には割安。いきなりステーキがどれくらい伸びるか次第。


・3097 物語コーポ
中部地盤。直営・FCで郊外に出店。食べ放題店『焼肉きんぐ』が主力。ラーメンやお好み焼きも
中間は26%増収・4%経常減益。売上は会社予想のやや上だが、経常利益はやや下回る。今期PER15.4倍。
月次売上高は順調。2割の成長率でPER15倍なので同業にくらべるとやや割安感あるかも。


・3366 一六堂
都内中心に居酒屋を展開。主力は高価格帯の『天地旬鮮八吉』。地方漁港のセリ参加権保有が強み
3Qまで2%増収・47%経常増益。4Q22%経常減益で会社予想を達成。今期PER13.4倍(経常11.6倍)。
進捗は高めでPERも低めだが成長性は低い。


・3198 SFPダイニング
鳥良や磯丸水産などの経営
1Q経常利益の進捗率は17%、中間予想に対しては47%。新規上場のため前年比較できない。今期42%増収・59%経常増益予想。今期PER19.4倍。
磯丸水産は87店舗で拡大余地ありそう。成長率の割にPERは低い。


・3221 ヨシックス
全品280円(税抜)の安い居酒屋「ニパチ」、本格職人握り寿司居酒屋「や台ずし」など164店舗。
3Q経常利益の進捗率は80%。今期15%増収・56%経常増益予想。今期PER14倍。


・5941 中西製作所
業務用厨房機器大手。学校給食システムに強み。外食産業向けはマクドナルドなどが有力顧客
3Qまで15%増収・34%経常増益。4Qの比重が大きい。4Q12%経常減益で会社予想を達成。今期PER5.2倍。
非常に割安感あるが、中間経常利益が会社予想を25%下回っていたのが不安かも。




最近の記事