自動車部品の注目株

2015年03月10日

自動車関連で割安感を感じた銘柄です。

まずは自動車生産の統計を載せておきます。
大手メーカー8社合計(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スズキ、三菱、富士重、ダイハツ)とトヨタ・日産・ホンダのグローバル自動車生産台数の前年比です。
2013年末にピークを迎えたのち現在まで前年比は低下傾向が続いています。単月で見た場合は、直近4か月のうち3カ月が前年割れです。ただ、12月と1月の生産台数はやや下げ止まり感があります。




銘柄です。
PER6倍前後の割安株が多く見つかります。進捗率が良く、円安の追い風もあるため業績上振れも期待できそうです。表面的にはかなり割安だと思いますが、あとは景気循環株がどう評価されるかという問題になるかと思います。



※経常PERは経常利益×0.6で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※直近決算の数字は前年比。

○ トヨタ比率高め

・7292 村上開明堂
自動車用バックミラー最大手、国内シェア4割。トヨタ向け5割。光学フィルター分野強化
3Qまでの前年比は売上+3%・経常利益+20%。4Q前年比-16%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER6.2倍(経常7.0倍)。
5年平均の売上成長率3%。
進捗良く、それなりに割安感ある。成長率低い。


・3439 三ツ知
シート用など自動車部品が主力。冷間鍛造技術に強み。シロキ工業向け比率高い。海外展開急ぐ
中間の前年比は売上+3%・経常利益+81%。経常利益は中間予想を65%上回る。
今期PER9.0倍(経常8.6倍)。
5年平均の売上成長率9%。
PERやや高めだが、中間の経常は大きく上振れ。配当利回り3.2%。


○ ホンダ比率高め

・7298 八千代工業
ホンダ子会社。ホンダ向け約9割。軽自動車組み立て縮小で燃料タンク、ルーフ等部品に軸足
3Qまでの前年比は売上-12%・経常利益+7%。4Q前年比-75%の経常利益で会社予想を達成。
特別利益あって少数株主利益も大きいためPERが計算しづらい。経常利益×0.6から去年の少数株主利益を引いた金額で計算したPERは10.1倍。
5年平均の売上成長率-5%。


・7229 ユタカ技研
ホンダ直系の排気系、駆動系部品メーカー。欧米アジアに生産拠点。2輪用部品も強化中
3Qまでの前年比は売上+5%・経常利益+12%。4Q前年比-45%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER6.3倍(経常PER5.9倍)。
5年平均の売上成長率+5%。
進捗良くて割安感ある。


・7212 エフテック
ホンダ系部品会社。サスペンション、サブフレーム等足回り部品に強み。ホンダ向けが約8割
3Qまでの前年比は売上0%・経常利益+27%。4Q前年比-20%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER10.0倍(経常PER5.8倍)。
5年平均の売上成長率+7%。
PERは低い。


・5970 ジーテクト
ホンダ系の自動車骨格プレス部品メーカー。11年菊池プレスが高尾金属を合併、海外積極展開
3Qまでの前年比は売上+6%・経常利益-31%。4Q前年比-57%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER9.4倍(経常PER9.8倍)。
今期は経常利益-39%予想と大幅減益。来季回復すれば割安感出るかも。


○ 日産比率高め

・7256 河西工業
自動車内装インテリア部品メーカー。ドアや天井など品目多岐。日産向け6割強。米英現地生産
3Qまでの前年比は売上17%・経常利益+35%。4Q前年比-49%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER6.5倍(経常PER6倍)。
5年平均の売上成長率+16%。
今期18%の売上高の伸び。12月に上方修正している。進捗は72%で大きな上振れはなさそう。


・7260 富士機工
ステアリング、シート主力。日産向け6割。ジェイテクトが筆頭株主。シートはタチエスと連携
3Qまでの前年比は売上+5%・経常利益-5%。4Q前年比-14%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER5.7倍(経常PER6.5倍)。
5年平均の売上成長率+4%。
中間まで良かったが、3Q単体が-28%の経常減益といまいちだった。PERは低め。


・7215 ファルテック
自動車外装部品とメーカー、ディーラー装着の自動車用品が柱。TPR子会社、日産向け中心
3Qまでの前年比は売上+3%・経常利益+5%。通期の経常利益を15%下方修正。4Q前年比-12%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER7.1倍(経常PER7.3倍)。
5年平均の売上成長率+2%。
下方修正しているが、PERはまあまあ低め。


○ その他

・7235 東京ラヂエーター製造
カルソニックカンセイ傘下。ラジエーター中堅で中・大型トラック向けが主。いすゞ向け約5割
3Qまでの前年比は売上+11%・経常利益+21%。4Q前年比-63%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER8.3倍(経常8.0倍)。
5年平均の売上成長率+13%(10年に大きな落ち込みあったためで、それ以降は横ばい)
PERはやや高めだが、進捗率が良い。


・7315 IJTホールディングス
いすゞ系部品3社が13年10月に統合。鋳造、鍛造、部品組み立てを手掛ける。東南ア進出加速
合併あったため前年比較できない。3Q時点で会社予想の経常利益を達成。進捗率103%。
今期PER9.9倍(経常9.3倍)。
為替差益が経常利益の10%少々ある。PERはやや高めだが、進捗率が良い。


・7247 ミクニ
ヤマハ、スズキ等向け2輪用燃料噴射機が主。4輪用も扱う。家庭ガス制御器、航空部品卸も
3Qまでの前年比は売上0%・経常利益-6%。通期の経常利益を23%上方修正。4Q前年比+35%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER5.7倍(経常6.2倍)。
5年平均の売上成長率+9%。
上方修正済みでさらなる上振れは期待しにくそう。PERは低い。有利子負債やや多い。


・7268 タツミ
ウインドー、ブレーキが主力の自動車用部品メーカー。ミツバの子会社で約5割がミツバ向け
3Qまでの前年比は売上+7%・経常利益+19%。4Q前年比-63%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER6.1倍(経常6.1倍)。
5年平均の売上成長率+8%。
為替差益が大きく経常利益の2割以上。営業段階では減益。


・5184 ニチリン
独立系の自動車用ホース大手。2輪車ブレーキホースは圧倒的シェア。ホンダ、スズキが主体
前期実績は売上+7%・経常利益+25%の増収増益。今期予想は売上+5%・経常利益0%。
今期PER5.7倍(経常PER5.1倍)。
5年間の売上成長率の平均は7%。
PERは5倍台と割安感は間違いないが、上がるきっかけが欲しいところ。


・7291 日本プラスト
樹脂とエアバッグが2本柱の独立系自動車部品大手。売上高は日産とホンダ向けがほぼ半々
3Qまでの前年比は売上+1%・経常利益+25%。経常利益の進捗率64%。
今期PER11.8倍(経常10.1倍)。
5年間の売上成長率の平均は12%。
四半期のブレがあり予想しにくい。四季報は来季20%の経常増益となっており強気。エアバック関連。有利子負債多い。為替差益が経常利益の15%ほど。


・7214 GMB
独立系自動車部品メーカー。駆動系の新車用部品と補修用部品が柱。現代自動車向け3割強
3Qまでの前年比は売上+11%・経常利益-18%。通期の経常利益を19%下方修正。4Q前年比-9%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER8.5倍(経常6.0倍)。
5年平均の売上成長率+19%(10年の落ち込みがひどかったため高くなっている)。
業績はいまいちが続いているが、PERに割安感はある。配当利回り3.1%。有利子負債やや多い。


・6895 ダイヤモンド電機
自動車エンジン用点火コイルの草分け。冷暖房機用制御器も柱。自動車用は国内シェア3割占有
3Qまでの前年比は売上+14%・経常利益+42%。4Q前年比-17%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER7.4倍(経常6.7倍)。
為替差益が経常利益の2割ほどある。5年間の売上成長率の平均は15%と高め。依然としてPERは低めだが、以前のような格安さはなくなってしまった。


・7264 ムロコーポレーション
精密プレスメーカー。自動車用駆動部品が主。商用車、2輪向けも。金型から一貫生産が特徴
3Qまでの前年比は売上+8%・経常利益+56%。4Q前年比+6%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER8.6倍(経常8.0倍)。
5年平均の売上成長率+9%。
為替差益が大きく経常利益の1/3近くある。


・6493 日鍛バルブ
エンジンバルブ主体の独立系部品企業。4輪向け中心、2輪・建機・船舶向けも。米国等に子会社
3Qまでの前年比は売上+7%・経常利益+38%。4Q前年比200%の経常利益で会社予想を達成。進捗率70%(前年83%)。
今期PER16.2倍(経常6.2倍)。
5年平均の売上成長率+8%。
進捗やや悪いが、割安感はある。


・5644 メタルアート
自動車用鍛造品はダイハツのほかトヨタとの取引拡大。冷間複合精密鍛造技術は世界でも有数
3Qまでの前年比は売上-6%・経常利益-12%。4Q前年比-45%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER5.5倍(経常5.6倍)。
5年平均の売上成長率+4%。
為替差益が大きく経常利益の1/3近くある。営業利益段階では42%の減益。


・7888 三光合成
工業用樹脂部品の大手。自動車向け主体。金型の外販も。生産拠点をアジアや北米に拡大中
2Qまでの前年比は売上+18%・経常利益+45%。中間の経常利益は会社予想比で+12%。
今期PER7倍(経常8.5倍)。
5年平均の売上成長率+6%。


・2185 シイエムシイ
技術マニュアル作成で有力。技術情報を用いた企画提案に強み。トヨタ、日産等自動車向け7割
1Qまでの前年比は売上+12%・経常利益+64%。4Q前年比-73%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER8.3倍(経常8.3倍)。
5年平均の売上成長率+9%。
PERは8倍台だが、1Qの前年比は良かった。ただし、四半期業績にばらつきあり。為替差益が経常利益の1割ほど。


○ ディーラー

・2754 東葛ホールディングス
千葉県北西部を拠点とするホンダ系ディーラー。中古車ティーエスシー3店含め12拠点展開
3Qまでの前年比は売上+5%・経常利益+13%。4Q前年比-20%の経常利益で会社予想を達成。
今期PER5.6倍(経常5.8倍)。
5年平均の売上成長率+4%。
3Qの進捗は71%で普通。成長はないがPERは安い。




最近の記事