不動産系の注目株

2015年05月28日

まず不動産経済研究所の首都圏マンション・建売市場動向の推移です。

マンション供給戸数は15年になっても前年比でマイナスが続いていますが、マイナス幅は一桁台にまで戻ってきています。



平均販売価格はやや上昇気味。契約率は14年は落ち込みましたが現状は回復してきています。



マンション在庫は昨年終わりに急増しました。その後減ってきていますが、過去2~3年に比べると高い位置にいます。




注目している銘柄です。
PERは6~7倍程度で20%前後の増収率という銘柄もあります。さらに増収率の予想以上に在庫を積み増している銘柄も多いです。
増益率の予想は売上の伸びに比べると全体的に低いです。保守的なだけであれば上振れが期待できますがどうなんでしょう。



※経常PERは、時価総額÷(今期予想の経常利益×0.6)で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※四半期前年比は直近四半期決算の前年比の数字。
※借入は四季報オンラインの有利子負債の数字を使っており最新の数字ではない。

・5280 ヨシコン
【特色】コンクリ2次製品から不動産事業に軸足移し、マンション建築を再開。賃貸拡充、建築部材も
前期実績は売上+12%・経常利益+22%。期首の会社予想に対して経常利益は+14%上振れ。
今期予想は売上+4%・経常利益+2%。
今期PER5.4倍(経常PER5.6倍)。
5年平均の売上成長率13%。
今期は横の予想。在庫も前年比で横。PERは低い。


・3280 エストラスト
【特色】山口県内首位のマンション開発業者。福岡など九州へ攻勢。環境配慮型物件に強み。管理も併営
前期実績は売上+16%・経常利益+7%。期首の会社予想に対して経常利益は-2%下振れ。
今期予想は売上+10%・経常利益+2%。
今期PER6.3倍(経常PER6.5倍)。
5年平均の売上成長率17%。
在庫は前年比で26%の増加。


・8935 FJネクスト
【特色】首都圏で『ガーラ』ブランドの投資用ワンルームマンション販売が主力。ファミリー向けも展開
前期実績は売上-1%・経常利益-22%。期首の会社予想に対して経常利益は+30%上振れ。
今期予想は売上+23%・経常利益+8%。
今期PER6.7倍(経常PER6.7倍)。
5年平均の売上成長率16%。
在庫は前年比で35%の増加。


・3254 プレサンス
【特色】投資用ワンルームからファミリーやシニア向けの開発・販売に展開。大阪、名古屋、東京に拠点
前期実績は売上+27%・経常利益+18%。期首の会社予想に対して経常利益は+30%上振れ。
今期予想は売上+20%・経常利益+10%。
今期PER6.9倍(経常PER7.6倍)。
5年平均の売上成長率18%。
在庫は前年比で41%の増加。


・3284 フージャース
【特色】埼玉、千葉等首都圏地盤にマンション分譲。『デュオ』等シリーズ展開。13年4月持株会社に
前期実績は売上+8%・経常利益-30%。期首の会社予想に対して経常利益は-5%下振れ。
今期予想は売上-5%・経常利益-10%。
今期PER6.4倍(経常7倍)。
5年平均の売上成長率34%。
在庫は前年比で32%の増加。減益予想は保守的だと思いたいが、前期も微妙だったので厳しいのかも。


・3246 コーセーアールイー
【特色】福岡都市圏中心にマンションや投資用ワンルーム開発・分譲。近隣県や首都圏で情報収集拡大
前期実績は売上+12%・経常利益+25%。期首の会社予想に対して経常利益は+2%上振れ。
今期予想は売上+19%・経常利益+2%。
今期PER8倍(経常7.6倍)。
5年平均の売上成長率15%。
在庫は前年比で30%の増加。


・8909 シノケングループ
【特色】サラリーマン層へ販売の土地、アパートをリースバックし賃貸。投資用マンション、介護事業も
1Qの前年比は売上+46%・経常利益+53%。中間の経常利益は前年比-74%で会社予想を達成できる。
今期予想は売上+26%・経常利益+13%。
今期PER9.2倍(経常PER10.4倍)。
5年平均の売上成長率21%。
在庫は前年比で55%増加。PERはやや高いが高成長と好業績。


・1413 桧家住宅 
【特色】エコハウス中心に規格型注文住宅の請負・施工。東京周辺で分譲住宅。断熱材施工でも急成長中
1Qの前年比は売上-11%・経常利益-75%。中間の経常利益は前年比+58%で会社予想を達成できる。
今期予想は売上+6%・経常利益+12%。
今期PER8.5倍(経常PER6.2倍)。
5年平均の売上成長率22%。
1Qは進捗率が悪いがブレが大きいので何とも言えない。在庫は前年比で10%増加。


・3228 三栄建築設計
【特色】1次取得者向け戸建て住宅販売、木造3階建て技術に特色。請負も戦力。全国化進める。賃貸も
中間の前年比は売上-12%・経常利益-31%。中間予想に対して経常利益は-6%下振れ。
今期予想は売上+24%・経常利益+32%。
今期PER5.5倍(経常PER5.8倍)。
5年平均の売上成長率17%。
中間は予想をやや下回る。在庫は前年比で40%増加。


・8999 グランディハウス
【特色】栃木県中心に北関東3県が地盤。土地開発から始め1次取得者向け戸建て住宅販売。千葉へ進出
前期実績は売上+1%・経常利益-17%。期首の会社予想に対して経常利益は-20%下振れ。
今期予想は売上+8%・経常利益+9%。
今期PER6.4倍(経常6.6倍)。
5年平均の売上成長率8%。
在庫は前年比で7%の増加。


・3241 ウィル
【特色】関西地盤の不動産会社。マンション分譲は一時停止、戸建てに集中。売買仲介、リフォーム強化
1Qの前年比は売上-4%・経常利益-43%。中間の経常利益は前年比+52%で会社予想を達成できる。
今期予想は売上+14%・経常利益+15%。
今期PER7.5倍(経常PER8.1倍)。
5年平均の売上成長率17%。


・3299 ムゲンエステート
【特色】首都圏1都3県で中古不動産の買い取り・再販軸に展開。区分所有マンション、投資用不動産も
1Qの前年比は売上+18%・経常利益+39%。
今期予想は売上+28%・経常利益+26%。
今期PER12.4倍(経常PER12.4倍)。
5年平均の売上成長率28%。
高成長銘柄。1Q決算は問題ない数字。


・6085 アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
【特色】登録建築家と加盟建設会社をネットワーク化、顧客に建物づくりの選択肢提供。個人住宅主体
前期実績は売上-8%・経常利益-65%。期首の会社予想に対して経常利益は-57%下振れ。
今期予想は売上+38%・経常利益+456%。
今期PER14.5倍(経常14.5倍)。
5年平均の売上成長率12%。
上場後に下方修正。信頼性が疑問だが今期は高成長の予想。




最近の記事