建設系の注目株

2015年05月29日

建設工事受注(大手50社調査)です。バブル崩壊以降に右下がりですが、08年を底に00年~05年の水準まで回復してきています。



前年比の3か月平均です。
今年に入って受注の大きかった公共機関が前年比横にまで下がってきています。一方で民間が大幅に増加しているため、総計も10%を超える前年比プラスが続いています。




銘柄です。
5倍台のPERの銘柄も見られますが、減益予想も多いです。常盤建設のように減益ですが繰越高が増えている銘柄は良さそうな気がしますが。



※経常PERは、時価総額÷(今期予想の経常利益×0.6)で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※四半期前年比は直近四半期決算の前年比の数字。
※借入は四季報オンラインの有利子負債の数字を使っており最新の数字ではない。

・1782 常盤建設
【特色】常磐興産グループの総合建設。地元自治体とグループ依存から民間建築主力に。環境事業を育成
前期実績は売上+13%・経常利益+33%。期首の会社予想に対して経常利益は+109%上振れ。
今期予想は売上+8%・経常利益-11%。
今期PER5.0(経常PER5.1倍)。
5年平均の売上成長率+14%。
繰越高は前年比45%増加。配当利回り3%。減益予想だが割安感はある。


・1930 北陸電気工事
【特色】北陸電力系列の電気工事会社。北陸電力向け売上高約4割。地盤の北陸3県から徐々に全国展開
前期実績は売上+3%・経常利益+25%。期首の会社予想に対して経常利益は+21%上振れ。
今期予想は売上+7%・経常利益+19%。
今期PER8倍(経常PER9.2倍)。
5年平均の売上成長率8%。


・1846 鈴縫工業
【特色】日立、水戸など茨城県下を主力地盤に、建築・土木工事施工の総合建設。子会社で居宅介護展開
前期実績は売上-1%・経常利益+10%。期首の会社予想に対して経常利益は+105%上振れ。
今期予想は売上+22%・経常利益-13%。
今期PER6.0倍(経常PER5.7倍)。
5年平均の売上成長率10%。


・1981 協和日成
【特色】東京ガスと親密なガス配管工事会社。東京電力電設工事や他のガス会社、ゼネコン受注も
前期実績は売上+2%・経常利益-1%。期首の会社予想に対して経常利益は+18%上振れ。
今期予想は売上-8%・経常利益-9%。
今期PER7.7倍(経常PER7.1倍)。
5年平均の売上成長率2%。
減収減益予想だが、受注残高は前年比+7%。


・1771 日本乾溜工業
【特色】交通安全施設工事が主軸。福岡に重点。防災安全用品や竹繊維入り自然土固化舗装材にも注力
中間の前年比は売上-10%・経常利益-4%。経常利益は会社予想に対して+32%上振れ。
今期予想は売上-2%・経常利益-24%。
今期PER5.7倍(経常PER5.8倍)。
5年平均の売上成長率2%。
減収減益だが中間決算は上振れ。PER低い。福証銘柄。


・1882 東亜道路工業
【特色】独立系道路舗装大手。アスファルト乳剤で最大手。環境事業も手掛ける。佐藤渡辺に7%強出資
前期実績は売上-4%・経常利益-10%。期首の会社予想に対して経常利益は+34%上振れ。
今期予想は売上0%・経常利益-7%。
今期PER6.6倍(経常PER7.1倍)。
5年平均の売上成長率5%。


・1775 富士古河E&C
【特色】富士電機と古河グループの工事会社が合併で再出発。プラント、空調、建築付帯が主。海外注力
前期実績は売上+7%・経常利益+19%。期首の会社予想に対して経常利益は+16%上振れ。
今期予想は売上+6%・経常利益+2%。
今期PER7.9倍(経常PER7.8倍)。
5年平均の売上成長率7%。
受注残高は14%増加。


・1905 テノックス
【特色】建設基礎工事の大手。テノコラム工法等独自の3工法武器に公共関連から民間建築を積極開拓
前期実績は売上+4%・経常利益+15%。期首の会社予想に対して経常利益は+46%上振れ。
今期予想は売上-15%・経常利益-25%。
今期PER7倍(経常PER7.8倍)。
5年平均の売上成長率2%。
減収減益予想だが、受注残高は81%増加。3年連続の大幅上方修正をしている。


・1718 美樹工業
【特色】大阪ガス軸のガス工事、子会社のセキスイハイム販売など住宅、建設が柱。不動産賃貸を育成
1Qの前年比は売上+11%・経常利益+44%。中間予想を超えるが昨年も2Qは赤字。
今期予想は売上-8%・経常利益-7%。
今期PER7.1倍(経常PER5.6倍)。
5年平均の売上成長率2%。


・1814 大末建設
【特色】マンションなど民間建築が主体。関西主力だが首都圏のウエート高まる。大東建託と業務提携
前期実績は売上+7%・経常利益+35%。期首の会社予想に対して経常利益は+165%上振れ。
今期予想は売上+2%・経常利益0%。
今期PER5.8倍(経常PER7.8倍)。
5年平均の売上成長率3%。


・1777 川崎設備工業 
【特色】08年4月、電気設備の関電工傘下に。空調・給排水等の設備工事中堅。リニューアル部門育成
前期実績は売上-1%・経常利益+72%。期首の会社予想に対して経常利益は+57%上振れ。
今期予想は売上+10%・経常利益+5%。
今期PER6.2倍(経常PER6.2倍)。
5年平均の売上成長率5%。
名証銘柄。




最近の記事