電気系の注目株

2015年06月01日

電気系で気になる銘柄です。割安株はあまり見つかりませんでした。



※経常PERは、時価総額÷(今期予想の経常利益×0.6)で計算。
※経常PERの四半期は、直近四半期の経常利益と前年の進捗率から計算。例えば直近2Qの経常利益が1000で、前年2Qの進捗率が40%であれば今季の経常利益2500として計算する。
※四半期前年比は直近四半期決算の前年比の数字。
※借入は四季報オンラインの有利子負債の数字を使っており最新の数字ではない。

・6747 KIホールディングス
【特色】小糸系。交通信号・情報機器と電装品など鉄道関連が両軸。航空機シート不正による影響弱まる
中間実績は売上-5%・経常利益-5%。期首の会社予想に対して経常利益は-10%下振れ。
今期予想は売上+1%・経常利益-5%。
経常PER5.2倍(純益は赤字予想)。
5年平均の売上成長率2%。
特損を計上。経常利益もやや下方修正。PERは低い。


・6837 京写
【特色】プリント配線板メーカー。片面プリント配線板で世界首位。中国、インドネシアが生産拠点に
前期実績は売上+10%・経常利益+19%。期首の会社予想に対して経常利益は+11%上振れ。
今期予想は売上+13%・経常利益+25%。
今期PER8倍(経常PER10.3倍)。
5年平均の売上成長率4%。
今期は大幅増収増益予想。


・7717 ブイ・テクノロジー
【特色】液晶ディスプレー、有機ELディスプレー等の製造・検査関連装置が主力。ファブレスメーカー
前期実績は売上+24%・経常利益+133%。期首の会社予想に対して経常利益は-53%下振れ。
今期予想は売上+58%・経常利益+76%。
今期PER20.9倍(経常PER17.9倍)。
5年平均の売上成長率7%。
業績のブレが大きい銘柄。今期は大幅な増収増益予想。


・7591 エクセル
【特色】独立系エレクトロニクス商社。液晶デバイス、半導体、電子部品などシャープ製品が主力
前期実績は売上+81%・経常利益+106%。期首の会社予想に対して経常利益は+22%上振れ。
今期予想は売上-11%・経常利益-16%。
今期PER4.3倍(経常PER5.7倍)。
5年平均の売上成長率21%。
前期特損、シャープ関連、アジア主力、キャッシュフローマイナス、有利子負債多い。PERは低い。


・8137 サンワテクノス
【特色】半導体関連からメカトロまで電子、電機、機械扱う専門商社。グローバル戦略を強力推進
前期実績は売上+10%・経常利益+9%。期首の会社予想に対して経常利益は-1%下振れ。
今期予想は売上+7%・経常利益+1%。
今期PER7.1倍(経常PER7.8倍)。
5年平均の売上成長率7%。


・6882 三社電機製作所
【特色】電源機器と半導体の生産が柱。金属表面処理用電源で国内首位。半導体はパワー系でニッチ特化
前期実績は売上-5%・経常利益-11%。期首の会社予想に対して経常利益は+27%上振れ。
今期予想は売上+11%・経常利益+22%。
今期PER8.1倍(経常PER8.7倍)。
5年平均の売上成長率-1%。


・6256 ニューフレアテクノロジー
【特色】半導体製造装置メーカー。東芝機械から分社。電子ビームマスク描画装置で世界シェア首位
3Qの前年比は売上+19%・経常利益-12%。
中間の経常利益は会社予想に対して+26%上ブレ。3Qも良い数字。
今期予想は売上-8%・経常利益-35%。
今期PER7.6倍(経常PER9.7倍)。
5年平均の売上成長率15%。
親会社の東芝の影響で決算延期。


・6677 エスケーエレクトロニクス
【特色】フォトマスク専業。大型液晶パネル用世界首位。イメージングデバイスなど新事業開発に挑戦中
中間実績は売上-1%・経常利益+37%。期首の会社予想に対して経常利益は+106%上振れ。通期予想を+116%上方修正。
今期予想は売上+6%・経常利益+34%。
今期PER11.3倍(経常PER12.2倍)。
5年平均の売上成長率5%。


・3165 フーマイスターエレクトロニクス
【特色】韓国LG向けに液晶パネルやルネサス製半導体などを輸出。LG製の液晶輸入など多角化
中間実績は売上-20%・経常利益+83%。期首の会社予想に対して経常利益は+224%上振れ。通期予想を+100%上方修正。
今期予想は売上+19%・経常利益+47%。
今期PER7倍(経常PER6.8倍)。
5年平均の売上成長率0%。
大幅上振れだが、為替差益が大きく、営業利益665百万に対して491百万ある。




最近の記事