サイズ・バリュー・モメンタムのリターン

2015年09月19日

前回の記事でロングショートのマーケットアルファはちょっとわかりにくいと書いたので、今回は米国株のサイズ・バリュー・モメンタムの単純なリターンを見てみます。
データは Fama & French のファクターモデルで有名な Kenneth French 教授のHP にて公開されています。

以下でサイズ・バリュー・モメンタムの10分位のリターンをグラフにしてみます。均等ウェイトのポートフォリオ、幾何平均リターンで、1927年~2014年・1964年~2014年・2000年~2014年の3つの期間です。1964年を起点にしたのはちょうど50年間で区切りが良い、2000年を起点にしているのは直近の成績を知りたいという理由です。特に深い理由ではないです。

・サイズ効果

左の1が最小の時価総額グループで右に行くほど大きくなります。
どの期間も時価総額が最小のグループのリターンが最も良いです。一方で時価総額が最大のグループのリターンは最も悪くなっています。2~9番のグループには明確な差があるようには見えません。




・バリュー効果

左の1が最もPBRの高く割高なグループで、右に行くほど割安なグループになります。
バリュー効果はどの期間も比較的安定しているように見えます。2000年以降の期間でも、やや凸凹はありますがおおむね右上がりのリターンです。



サイズ別のバリュー効果も見てみます。まず、時価総額順に5つのグループを作った後、それぞれのグループごとにPBR順に5つのグループに分けます。下のグラフはサイズ別に最も割安なグループのリターンを比べたものです。1が最小サイズになります。
小型株のバリュー効果はどの期間も強いです。2000年以降の直近でも、3のグループの数字と近いものの依然として最高のリターンとなっています。




・モメンタム効果

左の1が最もモメンタムが弱いグループのリターンで、右に行くほどモメンタムが強いグループとなります。
3つのアノマリーの中では最も安定して機能しているとされていますが、2000年以降の期間を見ると、極端な敗者(1のグループ)が弱いのは同じですが高モメンタムグループのリターンが落ちています。




この種の比較は対象期間や比較方法によって結果が変わってくるみたいなので簡単に何か言うことはできませんが、直近でモメンタムがあまり機能していないように見えるのは残念です。10年20年では期間が短すぎるのかもしれませんが、現実世界で10年20年も効果がない戦略は使うのは難しいと思います。
今後もアノマリーを使ったスマートバリューのETFみたいなものがどんどん作られたりすると、将来的にはアノマリーというのは効果を発揮しづらくなるのかなぁと思ったりもします。




最近の記事