2015年の感想

2015年12月31日

年初の考えとしては、今年は小幅でもプラスで終わればいいかなというものでした。
実際にはTOPIXやJASDAQは10%前後も上昇して終わり、思ったよりもずっと強かった印象です。

自分の成績はやや物足りない数字でした。
最近は暴落恐怖症気味になっており、市場が下がり出すと売り、反発した後に買うという感じになっています。押し目買いや逆張りすべき場面で売っているわけで、明らかにこの取引がパフォーマンスの足を引っ張っています。
ただ、僕の場合はポートフォリオのほぼ100%を株式で運用しているので、大きなリスクを避けるという点ではやむ負えないのかなと思ってます。

不満を言いだせばきりがありませんが、今年も市場が上昇したのは良かったです。来年も大損せずに多少のリターンを取れればいいなと思ってます。




最近の記事