成長株スクリーニング 内需系の銘柄2

2016年03月26日

内需系の成長株のスクリーニングの続きです。不動産業と建設業を除いた内需系の銘柄です。

① 今期(予想)の売上高20%以上の成長率。

② 買収による成長、会計基準の変更、前期の落ち込みからの回復、といった銘柄を除きます。これは手作業のため主観が入ります。

③ 残った会社のうちPER20倍以下の銘柄、PEG1倍以上の銘柄、またはPSRが低くて面白そうな銘柄を抜き出しました。PSRに関しては完全に主観です。


※経PER(予)は時価総額÷(今期予想経常利益×0.6)で計算。増収は売上高前年比、増益は経常利益前年比。

・9418 U-NEXT
映像・音楽配信サービスと光回線販売・代理、格安スマホを展開。
実績は46%増収・18%経常減益。コンテンツプラットフォームは伸びていますが、lコミュニケ―ションネットワーク(ブロードバンド回線サービスやUmobil)が増収減益。MVNOはあまり儲からないのかなと思ったり。。。


・6055 JPマテリアル
半導体・液晶工場向けの特殊ガス供給装置と特殊ガス販売・サービス主体。画像処理関連事業も
3Qまで56%増収・53%経常増益と好調です。サービス業で出てきましたが電気ですね。


・6093 エスクロー・エージェント・ジャパン
金融機関からのBPO(業務受託)と不動産関連業務のエスクロー(第三者寄託)が両輪
上場翌期に下方修正してます。しばらく低迷してましたが、今期の業績は急伸しています。消費税増税後の反動からの持ち直し。


・6081 アライドアーキテクト
ソーシャルメディアを使った企業のマーケティング企画、運用、分析等を支援。広告事業も開始
前期赤字。2四半期連続の下方修正。強気の今期予想ですが信頼性に難ありそうです。


・6029 アトラ
独自の開業支援システムで整骨院をFC展開。療養費請求代行など整骨院全体の業務支援も
今期は37%増収・21%経常増益予想。PER26倍。
ほねつぎチェーン加盟院数は67院。ほねつぎチェーンと機材・消耗品販売の割合が大きいです。


・9517 イーレックス
代理店通じた電力小売りが主力。外部電源に加え、高知に自社電源のバイオマス発電所を保有
電力自由化銘柄。売上を5%下方修正してますが、3割前後の増収増益です。PER23.1倍。
2016年4月に低圧分野(一般家庭など)の自由化。この分野は国内総需要の40%とのこと。テーマ株で期待ができそうな銘柄です。
FISCOのレポート


・3323 レカム
中小企業向けにIP電話など情報機器販売。業務受託(BPO)は日本で受注、中国現法が運営
1Qは32%増収も赤字。今期強気の予想ですが、前期までは横ばいか低迷気味の業績でした。


・7599 ガリバーインター
中古車買い取り最大手。直営、FCで全国展開。中古車小売りを強化。新車販売も手掛ける
3Qまで29%増収・43%経常増益と好調ですが、PER27.5倍とそれなりの評価がついてます。


・3135 マーケットエンター
Web上でリユース品買い取る『高く売れるドットコム』等展開。買い取り用の物流拠点拡充中
オンラインで仕入れてアマゾンやヤフオクで売るビジネスのようです。どちらかというと地味な気がしますが、今期の売上は52億程度なので拡大余地はあるのかもしれません。32%増収予想でPERは26.4倍。


・3724 ベリサーブ
SCSKグループ。携帯、デジタル家電、高度道路交通システム(ITS)のソフト検証で先駆的
前期、今期と大きく伸びています。四季報を読んだだけではどんなソフトなのか謎でした。自動運転関連銘柄。


・6092 エンバイオ
純粋持株会社。子会社で土壌汚染対策事業。土壌汚染地の購入・浄化・再販も。中国に合弁会社
3Qまで88%増収・経常黒字転換(-44m→143m)。PER28倍。
フラウンフィールド活用事業が高い伸びです。HPの説明は↓

中小企業が保有している土壌汚染地又は土壌汚染の可能性が高く、そのままでは売買が成立しにくい土地を土壌汚染リスクを見込んだ価格で現状有姿で購入し、株式会社エンバイオ・リアルエステートが土地所有者として土壌汚染浄化工事及び汚染拡散防止措置を施した後に、必要に応じて行政への届出を行って再販あるいは賃貸しております。



・6077 Nフィールド
精神疾患の患者に特化した訪問看護事業を展開。退院患者向けに賃貸物件への入居支援も実施
今期は54%増収・57%経常増益予想。PER42倍。99拠点、28都道府県に進出。今期60拠点の新規開設。かなり積極的に事業を拡大してますね。


・3678 メディアドゥ
電子書籍の取次が主力。独自の配信・ストア運営システムに強み。電子図書館事業を育成中
3Qまで47%増収・56%経常増益と好調です。PER40倍の高評価。
ホリスティック企業レポートに事業内容が詳しく書いてあります。

電子書籍事業の主な業務は、データ変換とコンテンツ管理と考えられる。出版社などのコンテンツホルダーから紙媒体や原データを仕入れ、顧客の電子書店等が望むフォーマットへデータ変換するほか、ルビ振りなど日本語特有の加工も施す。その後、作成者並びにタイトル、注釈や DRM(Digital Rights Management:著作権保護機能)などの管理データ(メタデータ)を付けて、電子書店やコンテンツプロバイダーに納品している。この他、自社運営の電子書店でエンドユーザーに直接販売する B to C ビジネスも手掛けている。



・3679 じげん
求人や不動産など各情報サイトを一括検索する集約サイト展開。成果報酬型の課金設定に強み
3Qは73%増収・41%経常増益。PER46.7倍。求人が全体の7割を超えています。


・6048 デザインワン
オールジャンル対象の店舗情報サイト『エキテン』を展開。低価格の掲載料、口コミ重視に特徴
上方修正してます。今期予想は58%増収・34%経常増益。PER43.3倍。


・2183 リニカル
CRO(臨床試験受託)が主柱。臨床試験後期が得意。CSO(医薬品営業受託)育成、海外展開も
3Q時点で80%増収・202%経常増益。PER40.7倍。受注残は前年末に比べて35%増加中です。


・3803 イメージ情報
イメージデータ処理から出発。柱はSI。ニッチ向けパッケージ強化。スマホ向け開発事業進出
3Qまで71%増収。大手取引先での大型サーバ入替受注や大手企業の受注継続、外部要員の活用などによる新規開拓、とのこと。ちょっとわかりにくいです。


・3697 SHIFT
ソフトウエアテスト事業が主力。ソフトウエアの品質保証も行い、関連のコンサルや研修も
1Qは73%増収・赤字。

ホリスティック企業レポートに事業内容が詳しく書かれていました。
ソフトウェア作成のテストフェーズでは、テスト自体の標準化が図られておらず、またアウトソーシングの活用も進んでいない、とのことです。


・6026 GMOTECH
GMO子会社。アプリ導入型課金広告、検索エンジン最適化が主。ネットと店舗結ぶOtoO育成
スマートフォンアフィリエイトとPCモバイル集客支援が主力。スマホアプリが赤字。
売上は2割の伸びですが、大幅な減益予想です。2017年に6億の営業利益を目指すとのこと(PER10倍程度になります)。PSR0.78倍と比較的低いです。


・3658 イーブック
小学館出身の鈴木会長が創業。電子書籍配信が柱、漫画作品を充実化。クックパッドが筆頭株主
今期32%増収・利益ゼロ予想。
売上は伸びていますが利益が出ません。PSR0.29倍とかなり低いです。




最近の記事