各国株価のトレンドとバリュエーション 2017年3月末

2017年04月02日

3月末の先進国・新興国の株価指数のトレンドとバリュエーションのチェックです。

・株価データはMSCI、CAPEやPERはStarCapital、為替はIMFみずほ銀行より取得しています。
・株価チャートは2007年末を100として作成。月足・配当抜き・現地通貨ベースです。
・取得したCAPE・PER・配当利回りは12月末の数字なので、MSCIの12-3月の騰落率で調整しています。


○ 先進国と新興国

第一四半期の3か月間の値上がり率は、先進国5.9%に対して新興国11.1%でした。1年間で見ても先進国12.5%に対して新興国14.5%と新興国の方が上回っています。

バリュエーションは、先進国の22~23倍に対して新興国のCAPEレシオは15.6倍・PERは17.8倍と割安感があります。

新興国は長らく低迷していましたが久しぶりに調子を取り戻しています。



CAPE PER  配当 3か月損益円ベース1年損益円ベース
全世界 22.122.12.3%6.4%3.0%12.7%13.1%
先進国23.223.12.4%5.9%2.5%12.5%12.9%
新興国15.617.82.6%11.1%7.6%14.5%15.0%


[各国株価のトレンドとバリュエーション 2017年3月末]の続きを読む

確定拠出年金用インデックスファンド(SBI証券)のトレンド 3月末

2017年04月02日

確定拠出年金でトレンドフォローを行うために、各アセットクラスを対象としたSBIベネフィットシステムズで売買できるインデックスファンドの年間リターンを調べました。

上位を占めているのは株式で、新興国、国内株式、先進国ともに好調です。続いてコモディティ。リスク資産が好調となっています。

資産クラス過去1年投資信託
新興国株式17.7%SBI-EXE-i新興国株式ファンド
先進国株式(ヘッジ)16.1%日興・インデックスファンド海外株式ヘッジあり
日本株式14.4%三井住友・DC日本株式インデックスFS
先進国株式14.0%DCニッセイ外国株式インデックス
コモディティ9.2%ダイワ/RICIコモディティ・ファンド
海外リート1.3%SBI-EXE-iグローバルREITファンド
ゴールド-1.0%三菱UFJ純金ファンド
日本債券-1.2%三菱UFJDC国内債券インデックスファンド
海外債券(ヘッジ)-2.0%日興・インデックスファンド海外債券ヘッジあり
国内リート-3.5%DCニッセイJ-REITインデックスファンド
海外債券-5.0%三井住友・DC外国債券インデックスファンド

※各資産クラスを代表するインデックスファンドは手数料が安いものを優先していますが、価格データが1年以上あるファンドのみを対象にしています。
※分配金も含めたリターンです。
※SBI-EXE-iグローバルREITファンドはファンズオブファンズです。
※三菱UFJ純金ファンドは1540純金上場信託を主要投資対象としています。

建設業の今後の業績は

2017年03月29日

割安株のスクリーニングをすると建設業の小型株が多くヒットします。PERは5~6倍と安く、配当利回りも高く、四半期決算の進捗率も良いです。
これらの銘柄はここ数年で業績を劇的に改善させているのですが、問題はこの好業績が今後も続くのかという点です。

今回、ゼネコンの好業績を特集した週刊誌をアマゾンキンドルで読んだのでメモをしておきます。
週刊ダイヤモンド 2016年 12/3 号 [雑誌] (ゼネコン 絶好調の先にある深淵)
週刊東洋経済 2016年7/30号 [雑誌](ゼネコン バブル超え)


まず好決算についてはこんな要因が挙げられています。

・工事量が増えたため、ダンピングをして赤字工事を受注することがなくなってきた。

・工事量の増加は、安倍政権になって公共工事投資が底打ちしたこと、東日本大震災の復興需要、都心部の大規模再開発、2020年の東京五輪などが要因。

・不採算工事の手離れ。

・資材価格や人件費の上昇が予想よりも後ずれしている。

・スーパーゼネコンは利益を重視して量を取りに行かなくなった。

[建設業の今後の業績は]の続きを読む

リチウム生産会社

2017年03月24日

EVの普及に伴い重要性が増すと思われるリチウムを生産している会社についてのメモです。

現在ビッグ3とされているのは Albemarle、SQM、FMC で、これに中国の Tianqi や Gangfeng を加えたのが主要なリチウム生産会社ということになりそうです。
このほか新興企業では、Orocobre や Galaxy Resources がすでに生産を開始しています。

2015年9月の資料ですが、リチウムのマテリアルフローに主なリチウム供給地が掲載されていました。



Albemarle と SQM のアタカマ塩湖、FMC のオンブレ・ムエルト塩湖、Orocobre のオラロス塩湖、 Tianqi が買収したタリソンリチウムのグリーンブッシュ鉱山、Galaxy Resources のマウント・キャトリンが掲載されています。

なお、リチウムはかん水から生産する方法と鉱物として採掘する方法があり、かん水からの生産の方がコストが低いものの時間がかかる一方で、鉱物の採掘はコストが高いものの短期間で生産が可能とのことです。

[リチウム生産会社]の続きを読む

YY Inc

2017年03月17日

中国のライブストリーミング大手です。アメリカにADRとして上場しています。

業績はこんな感じで利益にやや凸凹があるものの好調です。2016年の売上高は前年比で+40%近く伸びています。



過去四半期のEPSは26.26人民元で、ドルに換算すると約3.8ドルとなります。このEPSを使った実績PERは12~13倍です。

下のサイトによると、中国のライブストリーミングは配信者にプレゼントを贈ることができるのが特徴で、中には何百万円も送る熱心なファンもいるそうです。配信サイトはその売上を配信者とシェアします。

稼ぐ女子は、ライブで動画配信する時代に!?中国で密かに盛り上がる"美女生放送"に迫る
1日1000万円が動く中国の動画配信と生配信アプリの実態に迫る!

YYの業界内のポジションですが、下のサイトによるとライブ動画配信専業アプリの1位となっています(2016年9月)。ただ、テンセント、アリババ、バイドゥといった大手オンライン企業も参入しているので、この位置をキープできるかはよくわかりません。

中国におけるライブ動画配信(生中継、直播)アプリについて

なお、YYは2015年に1株68.5ドルで非公開化を試み、2016年に計画を破棄した経緯があります。

感想ですが、バーチャルアイテムの売上シェアというのは社会問題化するのではという気がしました。ちょっと怖いです。また、業界内の競争も激しそうでこの会社にどんな優位があるのかもよくわかりませんでした。
ただ、業績の伸びからするとPERは相当安く感じます。



最近の記事